読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜

学生ブロガー。大学院でプログラミングを専攻している。日本のプログラミング教育に疑念を抱く。

勉強ができる人だけが知ってるノートの取り方

勉強

f:id:shun_prog0929:20160101201429j:plain

 

僕は中学、高専、大学、そして現在の大学院まで色々な講義を受けてきたが、1つ思うことがある。

それは、まわりのノートの取り方は正しいのか?ということである。

 

今回は勉強ができる人と、できない人を分ける講義中のノートの取り方について話をしたい。

 

これは「ノートの中身が綺麗にまとめられているのか」という話ではなく、そもそも講義中にどのようなスタンスでノートを取るべきかという話である。

それを理解した上でこの後の話を読んでほしい。

 

 

ノートが復習のためにあるという間違い

そもそも、なぜノートを取る必要があるのか?

 

「ノートを復習に使うためである」

 

このような回答をする人が多いのではないだろうか。

しかし、ここではっきり言おう。

 

ノートを取る理由が復習のためだけなら、そんなことをする必要はない!

 

なぜなら、そのノートよりも教科書の方が正確な情報がまとめられているからである。

だからこそ、後から自分が復習するためだけならノートなど取らず、後から教科書を読めばいいだけの話なのである。

そのことにまずは気づいてほしい。

 

そして「復習のためだけにノートを取っている」という人は、板書を作業だとしてノートを取っている。

これでは、板書を理解した上でノートに取っているわけではなく、正しく脳にinputできているとは言えない。

脳にinputできていないことを後から復習などできない。

それでは、初めて勉強することと同じであり、復習などではないのである。

 

究極的にはノートを取る必要はないのか

・板書を見て理解をする

・先生の話を聞いて理解をする

 

それによってすべてのinputが完了すればノートを取る必要はないのではないか?

このような考えが出てくるようにも思う。

なにせ、復習のために必要な情報は、すでに教科書にあるのだから。

 

この考えは半分正しい。 

残りの半分はoutputにある。

「ノートを取らなくてもoutputができる人」はノートを取る必要がないのである。

 

例えば、概念をinputしきってしまって、問題を解くという形でoutputするのであれば、ノートを取ることの重要性は低くなる。

また、自分の理解した概念を他人に説明する、という形でoutputするのであれば、これもノートを取ることの重要性は低いだろう。

 

基本的に、ノートを取る行為はoutputであるはずだから、それに代わるoutputの方法があるのならノートを取る必要はないのである。

 

それでもノートを取る理由

outputの形が他にあるのならノートを取る必要はないという話をした。

しかし、僕を含めたほとんどの学生がノートを取っているのが現状である。

それは日本の教育が、講義という形式を取っていることが原因となっている。

講義では、教師が用意してきた内容を話ながら板書をし、それを学生が聞きながら受けるという形になる。

この形式では、inputをしながらoutputをするために、ノートを取るしかない。

 

講義の後でoutputすればよいのでは?という意見もあるがそれは厳しい。

例えば、大学の講義の時間は90分あり、その内容を聞いて理解しinputを終わらせ、そのinputした内容を後からすべてoutputする。

そんなことができるとは思えない。

少なくとも僕にはできない。

また、講義と講義の間の時間も長くはないので、outputをすべて行うことができないまま、次にinputを行うことになる。

これではinputした内容が定着しない。

よって、講義中にinputとoutputを両方行うしかないのである。

 

勉強ができる人のノートの取り方

勉強できる人のノートの取り方は、以下の1点のみに集約されている。

 

・板書を脳へのinputとし、inputした上でノートへの書き取りをoutputとする

 

この時のノートの内容は、板書をそのまま写すわけではない。

inputした内容を自分の思ったように書き出すのだ。

このノートは後から復習するために取るのではなく、自分のoutputのために書き取るのである。

 

言うのは簡単であるが、実行するのは非常に難しい。

最初からできる人はいないので、板書を作業として行わないようにするところから、慣れていくのが良い。

これができるようになれば、講義中に得られる情報量が大幅に上がり、勉強ができるようになるのである。

 

まとめ

今回は勉強ができる人とそうでない人の講義中のノートの取り方について言及した。

日々の講義で、しっかりと意識すれば確実に効果が出るはずである。

ぜひ今日から始めてほしい。