読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜

学生ブロガー。大学院でプログラミングを専攻している。日本のプログラミング教育に疑念を抱く。

自分の本当の長所を無料で診断できるツールが凄い【グッドポイント診断】

ライフハック 広告不要

「自分の長所が何かわからない」

「自分には長所なんてない」

 

そんな風に思ったことはありませんか?

 

ほとんどの人は自分の長所をわからずにいます。

自分の長所がわからないままでいたら、こんなことが起こってしまうでしょう。

 

  • 就職・転職活動がうまくいかない
  • 今の仕事が楽しくない・好きじゃない
  • 自分が将来どのように働きたいかわからない
  • いつも自分の選択が間違っているように感じる
  • 何をやっても失敗する

 

自分の長所を知らないだけで、これだけ不幸になってしまうんです。

流石に辛すぎますね・・・。

 

今回ご紹介するのは、あなたの本当の長所を見つける方法です。

この方法なら、だいたい20分くらいであなたの長所を知ることができます。

特別な能力が必要なわけでもありません。

もちろん無料です。

この記事では、そんなお得な情報をお届けします。

 

自分の長所が見つからないと圧倒的に損をする

当たり前のことですが、人は得意なことの方が結果が出せます。

結果が出れば嬉しいし、楽しく続けることもできますよね。

 

では逆に、苦手なことをやっているとしたらどうでしょう。

苦手なことをやっているわけですから、なかなか結果も出ません。

 

「めちゃくちゃ頑張っているのに、全然うまくいかない」

「隣のあいつができるのに、なんで自分にはできないんだろう」

 

こんな風にして、どんどん自分を追い詰めてしまうでしょう。

 

長所が見つからないということは、得意なことがわからないということです。

そんな状態では、苦手なことばかりに手を出してしまうかもしれません。

もしそうなってしまったら・・・想像もしたくないですね。

 

長所を見つければ全く違った選択ができる

ですが、自分の長所を見つけることさえできれば、全く違った選択をすることができます

 

自分の長所を見つけていれば、それを活かせる場に出ることだって難しくありません。

得意なことを活かした仕事ができるし、他の人に負けない結果も出せます。

 

長所を見つけられるだけで、自分に合った正しい道を進むことができるんです。 

 

どうしたら長所が見つかるの?

自分の長所を見つければいいのはわかったけど、どうやって見つければいいんだ!?

そんな声が聞こえてきそうなので、そろそろ本題に入ります。

 

実際、自分で長所が見つけられるなら何も苦労しないですし、これまでも困らなかったでしょう。

もしかしたら、得意だと思っていたことが、実は苦手なことだったなんてこともあるかもしれません。

そうならないためにも、客観的な長所を知ることが重要です。

 

でも、人に聞いた自分の長所とかも、正直あまりあてにならないし。

じゃあ、どうしたらいいのか・・・

 

グッドポイント診断であなたの長所を無料で診断!

f:id:shun_prog0929:20161105171654j:plain

引用:リクナビNEXT

 

グッドポイント診断というサービスをご存知ですか?

この「グッドポイント診断」は、リクルートが出している長所診断ツールです。

もちろん無料で使えます。

簡単な登録を済ませたら、あとは診断を開始するだけです。

 

「なーんだ、ただの性格診断か」と思うかもしれませんが、このグッドポイント診断はそこらの無料診断とはわけが違います。

20分くらいで終わる質問に答えるだけで、あなたの本当の長所がわかるんです。

しかも、診断結果のパターンは8568通り!

以下の18個の中から、あなたに最も合う5つの長所を診断してくれます。

 

f:id:shun_prog0929:20161105171941j:plain

引用:リクナビNEXT

 

診断自体は本当に簡単で、僕が使った時にも15分くらいで終わりました。

 

僕の診断結果は次のような感じです。

  • 柔軟性
  • バランス
  • 俊敏性
  • 決断力
  • 挑戦力

それぞれの項目には、300字程度の超詳細な診断結果が付いています。 

それを読むだけで、自分のどこが強みで、どこを伸ばせば成功に近づくのかが一発でわかります。

 

無料で使える長所診断ツール「グッドポイント診断」は、3分でできる簡単な登録をするだけで誰でも受けられます。

あなたも今すぐグッドポイント診断で、自分の長所を見つけましょう!

 

 

グッドポイント診断はこんな人におすすめ

  • 就職活動をする人
  • 転職を考えている人
  • 今の仕事が自分に合っていないと感じている人
  • 何をやってもうまくいかないと感じる人
  • 大切な選択を前にしている人

 

こんな人は、ぜひ「グッドポイント診断」で本当の長所を見つけましょう

 

何かを変えたいなら”今”行動するしかない

正直、診断にも20分くらいかかるし、結構面倒だなー。

あなたもそんな風に思ったかもしれません。

行動に移すのってすごく大変なことですから。

 

けど、考えてみてください。

ほんの少し行動するだけで、あなたの人生がまるで変わったものになるかもしれません。

何時間もかかるというわけでもなく、たった20分くらいのことです。

 

それには”今”行動しないとダメなんです。

「後からやろう」なんて思っても、おそらく10分後には「グッドポイント診断」のことなんて忘れてしまっているでしょう。

 

何かを変えたいと本気で思っているなら、”今”行動してみませんか?

 

無料でできるグッドポイント診断はこちらから↓

 

 

【番外編】グッドポイント診断の活かし方

ここから先は、グッドポイント診断を受けた人向けの内容です。

グッドポイント診断をまだ受けていない人は、ぜひ先に受けてみてください!

 

グッドポイント診断を受けると、自分の長所が5つ診断されます。

ですが、せっかく長所がわかっても、それを活かせなくては意味がありません。

そこでここからは、その結果をどう活かすかについてのお話をします。

 

まずは診断結果の5つの長所を熟読する

グッドポイント診断を受けてから最初にやってほしいのは、診断結果である5つの長所を熟読することです

診断結果は、このような画面です↓

f:id:shun_prog0929:20170204015717j:plain

 

この診断結果には、自分の長所やそれを活かすヒントが、わかりやすく解説されています

 

例えば、僕の場合は「柔軟性」が長所の一つです。

柔軟性の解説は、以下のようになっていました。

 

【柔軟性】

あなたは、好奇心旺盛で興味の範囲が広く、ものごとを柔軟にとらえることができます。また、突発的なできごとに対して臨機応変に対応することも得意です。何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していくため、あなたの取り組みはどんどん進化していきます。あなたにとって、ひとつのやり方しか考えないことは悪なのです。
結果を出し続けていることが知れ渡るにつれて、周囲の人は改善したいことがある場合、あなたの視点やアイディアを求めるようになります。

 

この診断結果の解説を読むことで、自分の長所への理解を深めましょう。 

 

今までの自分を見つめ直す

自分の長所について理解できたら、次は今までの自分を見つめ直してみましょう。

人によって、

 

「この診断すごく当たってる!この調子で頑張っていけばいいんだ!」

「本当の長所はこんなところだったのか!思いつきもしなかったよ!」

 

のように、それぞれ思うことはあると思います。

ただ、今までの自分がどうだったにしても、これから先は少しずつ変えていったほうがいいポイントも出てくるはずです。

 

もし診断結果がすごく当たっていたと感じたなら、その長所をさらに活かすように考えましょう。

当たっていると感じていても、実際にそれを活かせている人は少ないですから。

 

また、今まではそんな長所思いつきもしなかったと感じたなら、これからはその長所に力を入れてみましょう

そうすることで、今までうまくいっていなかったことが急にうまくいくようになるかもしれません。

少なくとも、今までより調子がいいように感じるはずです。

 

見つめ直す時には具体的なエピソードを思い浮かべる

今までの自分を見つめ直し、診断結果と照らし合わせるときには、具体的なエピソードを思い浮かべるといいです

 

例えば、僕の場合は柔軟性という長所が診断されました。

これについて、今までの自分と照らし合わせると、かなり当たってる感じがしました。

大学院で研究をする中で、新しい着想で研究を進めるのが上手かったからです。

逆に、無難な内容を地道にコツコツのような研究は苦手でした。

 

このように、自分の中のエピソードと照らし合わせていくと効果的です。

どんな小さなエピソードでも構いません。

これによって、自分が長所を活かすためにどのような方向に進むのがいいのか、なんとなくイメージがついてきます。

 

もし、今やっていることが合っていないなら

もし、今やっていることが自分の長所と合っていないなら、少し考えた方がいいかもしれません

それは、自分にとっての長所ではない、つまりは苦手なことかもしれない。

もしそれを続けていたら、全然成果が出せず苦しい思いをするかもしれません。

この辺りを見つめ直す必要がでてくるでしょう。

 

仕事(職務)を選ぶ時には診断結果を特に活かせる

就職、転職の際の仕事選びには、診断結果がめちゃくちゃ活かせます。

その中でも特に、職務を選ぶときには絶大な効果が出るんです。

自分の長所がどのような職務に対して適正があるかは、少し考えればわかります。

 

例えば僕の「柔軟性」について、また考えてみます。

僕はIT系なので、プログラマやさらに上流のマネージャ、企画担当やマーケティング担当、研究者などの職務が考えられます。

その中で、特に「柔軟性」が活かせる職務を考えましょう。

ただ単に、渡された仕様を元にプログラムを書くプログラマは、あまり合っていないように思えます。

逆に、研究や企画など、状況に合わせて臨機応変に対応ができる職務の方が向いているでしょう。

また、もしプログラマだったとしても、どんどん企画に口を出せる職場の方がいい、など条件も具体的に出てきます。

 

このように、職務を選ぶ時には、グッドポイント診断の結果が非常に役立つのです。

次の仕事を決めるときには、この診断結果をきちんと見直すようにしましょう。

 

面接で診断結果の長所をアピールする

先ほど職務を選ぶのに適しているという話をしましたが、さらに就職・転職活動での面接でも診断結果は効果を発揮します

この診断結果を元にすれば、正しくあなたの人柄を企業にわかってもらえるからです。

実際、リクナビネクストを使って転職をする人の中には、グッドポイント診断の結果を企業に提出している人もいるようです。

 

企業は就職活動の面接で人柄を圧倒的に重視しています↓

f:id:shun_prog0929:20170113153535j:plain

 

それを考えると、このグッドポイント診断の結果を面接でアピールするのは間違っていません。

特に、先ほど話をしたエピソードを交えるようなことを面接でもすれば、企業にも理解してもらいやすくなるでしょう。

 

長所の活かし方は無限大

ここまで、グッドポイント診断の結果である「長所」の活かし方について話をしました。

ですが、ここに書いてあることもほんの一部にしかすぎません。

あなたの長所は、もっともっと色々なことに活かせます。

そこに気付けるかどうかは、あなた次第です。

ぜひ一度、あなたの長所と向き合ってみてください。

 

また、まだグッドポイント診断を受けていない人は、ぜひ受けてみましょう↓