読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜

学生ブロガー。大学院でプログラミングを専攻している。日本のプログラミング教育に疑念を抱く。

SONYの高級ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-1000X購入レビュー!

ガジェット

f:id:shun_prog0929:20170304160148j:plain

 

SONYのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンMDR-1000Xを思い切って購入しました!

なかなか高いオーディオ機器って手が出なかったんですけど、これは本当に買ってよかった。

購入してからしばらく使ったので、使用感などレビューします!

 

 

SONY MDR-1000X購入レビュー!

 

今回はこちらのヘッドホンを購入!

SONYのBluetooth ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-1000Xです。

カラーはブラックを選びました。

ノイズキャンセリングつきのヘッドホンをいくつか試聴してこれに決めたのですが、大満足な一品でした。

詳しくレビューしていきます。

 

開封の儀

届いた時点からものすごくテンションが上がっていた僕。

早速開封です。

 

f:id:shun_prog0929:20170304162029j:plain

 

ここからさらに開くと、高級感のある黒い箱が。

シンプルだけどものすごくいい感じ!

 

f:id:shun_prog0929:20170304162446j:plain

 

そしてこの黒い箱の中からは、ヘッドホンケースが出てきます。

 

f:id:shun_prog0929:20170304162716j:plain

 

ドキドキが止まりませんね。

 そして・・・

 

f:id:shun_prog0929:20170304163241j:plain

 

おおおおおお!!

本体がようやく出てきました!!

早速本体をいじっていきます。

 

本体の外観

折りたたまれた状態から開くと、このような感じです↓

f:id:shun_prog0929:20170304163728j:plain

 

全体的にマットな質感の部分と、光沢のある部分が絶妙なバランスで、非常に高級感があります。

耳当ての部分や、ヘッド部分のパッドは、柔らかいながらもしっかりしていて、この時点でも付け心地がいいんだろうなぁーという印象です。

あと、折りたためるところからも分かる通り、ヘッド部分も結構柔軟に開きます。

 

横から見た様子はこのような感じ↓

f:id:shun_prog0929:20170304163959j:plain

 

やはり質感はかなりよく、SONYの刻印もおしゃれです。

デザインが非常に洗練されていますね。

 

各種ボタンのデザインはこんな感じ↓

f:id:shun_prog0929:20170304164846j:plain

 

電源ボタンや、ノイズキャンセリングボタン、アンビエントサウンドモードボタン(周囲の音を取り込む機能)も非常に押しやすく、好印象です。

さらに、こちらのヘッドホンは、Bluetoothでも有線でも使用可能になっています。

 

逆側には充電用の端子が付いています↓

f:id:shun_prog0929:20170304165523j:plain

 

付属品

f:id:shun_prog0929:20170304165852j:plain

 

付属品は、

  • ヘッドホン本体
  • キャリングケース
  • マイクロUSBケーブル
  • 航空機用プラグアダプター
  • ヘッドホンケーブル
  • 取り扱い説明書
  • 保証書

です。

 

使用感

音質

正直、僕自身はこれまで音質にこだわりはほとんどなかったんですが、こちらのヘッドホンは音質が非常にいいということだけは言えます。

全体として音域のバランスが取れている印象です。

高音が強すぎたり、低音が強すぎたり、といった偏りがほとんどないように感じます。

そのおかげで、非常に聴きやすいです。

ワイヤレスでここまで聴きやすいなら、何の文句もありません。

 

ノイズキャンセリング

このヘッドホンの最大の特徴は、ノイズキャンセリングです。

正直、最初はノイズキャンセリングとはいってもそれほど効果はないんだろうと思い、舐めてかかっていました。

ですが、一度使ってみると、世界が変わったように感じます。

 

つけた瞬間に周囲の音が消えるんです。

めちゃくちゃ静か。

最初につけた時は、マジで感動しました。

しかも、人の声とかはちゃんと聴こえるようになっていて、ノイズとなる音のみを消してくれるんですよね。

ただ、本当に音が消えちゃうので、歩きながらつけると危ないです。

 

音楽を聴いていてノイズを消したいというのはもちろんですが、他にも嬉しいことがあります。

部屋にいるときにエアコンの音や、道路を走る車の音なんかが聞こえなくなりますし、新幹線や飛行機内で感じる騒音なんかも消えてくれます。

ですから、集中したり、リラックスしたりしたい時には最高です。

 

正直、快適すぎてノイズキャンセリングなしの生活に戻れないですね。

 

装着感 

折りたためるタイプのヘッドホンなので、ちょっとしたことでずれたりしないかと思っていたのですが、そんなことはないですね。

装着してみると、かなり頭にフィットすることがわかります。

側圧もそこまで強いというわけではありませんが、きちんとフィットする感じです。

 

イヤーパッドも柔らかいので、長時間つけていてもそれほど疲れません。

特に僕はメガネをかけているので、やわらかいイヤーパッドは嬉しいです。

 

簡単再生機能

f:id:shun_prog0929:20170305132825j:plain

参照:http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-1000X/feature_1.html

 

実はこのヘッドホンの右側は、タッチセンサーがついていて、それを使って簡単に再生などの操作ができます

これが結構便利で、作業中や電車の中などで、わざわざ音楽プレイヤーを出さずに操作できるのが嬉しいんです。

結構反応もいいので、かなり利用しています。

ただ、反応がよすぎて、ヘッドホンを外したときなんかにも触って再生しちゃったりするのが、ちょっと微妙なところですね。 

 

持ち運び

こちらのヘッドホンは折りたたみが可能なので、ヘッドホンとしては持ち運びがしやすい部類かと思います。

ただ、大きさ自体は結構大きいです。

密閉型のヘッドホンなので、仕方ないところではあります。

持ち運びの面では、重さは全く気になりません。

少しスペースはとってしまいますが、十分持ち運べるかと思います。

 

充電

充電の仕様としては、0から完全に充電するのに4時間かかります。

そして、連続再生時間は20時間(ノイズキャンセリング使用時)です。

さすがに20時間連続で使うということもないので、充電で困ったということもありません。

ただし、充電中はワイヤレスで使用することができない(有線なら使える)ので、夜寝ている間などに充電をしておく方がいいですね。 

 

まとめ

SONYのMDR-1000Xは、非常に優れたノイズキャンセリング機能つきのワイヤレスヘッドホンです。

音楽を聴いている時も、そうでないときも、周囲の雑音から解放された素晴らしい時間を提供してくれます。

 

僕自身、他のヘッドホンも試聴してみましたが、個人的にはMDR-1000Xが一番良かったです。

値段は約4万円という高めの価格帯ですので、一度試聴してみるのがいいと思います。

本当にオススメできるヘッドホンですので、ぜひ一度お試しあれ!