読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜

学生ブロガー。大学院でプログラミングを専攻している。日本のプログラミング教育に疑念を抱く。

内気な男子学生が破天荒過ぎる友達に教わった「バカやらなきゃつまらんだろ」って話。

僕は中学時代、すごく真面目に勉強ばかりしているような子でした。

かなり内気なタイプでしたね。

そんな僕は受験の結果、高専に入ることになったのですが、これから先の人生もきっとそんな風に過ごしていくんだと思っていました。

だって、その時の僕にはそれが当たり前だったから。

けど、そんな僕の考え方というか、人生観というか、そういうのをひっくり返してくれた友達と高専で出会ったんです。

今日はそんな話をしたいと思います。

 

 相変わらず勉強ばかりする日々

 

f:id:shun_prog0929:20160104205420j:plain

 

僕は高専に入って寮生活をするようになりました。

そこでも僕は、中学時代の自分と同じように勉強ばかりしていました。

同じ部屋の子と少し話をしたり、というのはありましたが基本的に内気だったので自分から話をするようなことはあまりなかったですね。

だから、周りはきっと僕のことを内気なガリ勉だと思っていたんじゃないかな。

中学の頃は家に帰れば家族と話すし、勉強のことも褒めてもらえてよかったですが、寮ではそんなこともなくすごく辛かったですね。

 

当時の僕は、

 

「勉強してるのが悪いことじゃないし」

 

と思いつつも、すごく居心地の悪い気持ちを味わっていました。

 

隣の部屋のめっちゃうるさい奴

 

f:id:shun_prog0929:20160104200223j:plain

 

そんな生活をしていたのですが、僕にはもう一つ悩みがありました。

隣の部屋にめっちゃうるさい奴がいること、そしてなぜかそいつが僕にめっちゃ絡んでくることです。

そいつは田中って奴だったんですけど、本当によくもまあそんなに絡んでくるなと思いましたよ。

最初は読んでいた本の趣味が合ったところから、少し話をした仲だったのですが、それからというもの田中は僕に鬼絡みするようになってきました。

僕は無視したり、勉強するからとか適当な言い訳で逃げていたのですが、それでも僕のことを気にかけてくれる田中が不思議でした。

 

しばらくした時、田中がめっちゃ怒っていることがありました。

そいつが怒っていた理由が、僕の陰口を聞いたからってことでした。

すごくひどい態度をとっていたのに自分のことを、こんな風に考えてくれるとかこいつすげえなって思ったりして、そこからは大分打ち解けましたねぇ。

後でその話をしたら、全然覚えてないって言ってましたけど。

 

本当に大切なこと 

 

f:id:shun_prog0929:20160104205334j:plain

 

田中は本当にすごかったですね。

当時の僕には、まるでヒーローのような存在でしたよ。

例えばですけど

 

・友達作りのために、学校の中で会う人会う人に「友達になってください!」と声をかける

・寮の集会で、今まで付き合った彼女との恥ずかしいエピソードを語る

・僕の目の前でいきなり前髪ばっさり切ってパッツンにする

・夜中に寮を抜け出す

 

などなど、当時の僕からしたらありえないことだらけで、ビビってましたね。

それでいて勉強もできていたんで、本当に尊敬していましたよ。

 

ある日そんな彼に、僕は聞いてみたんです。

 

「なんでそんなことしてるの?」

 

そしたらそいつ、簡単に言うんですよね。

 

「バカやらなきゃつまらんだろ」

 

って。

なんかすごくスッとしましたね。

 

バカなこと全力でやってこそ面白い。

周りがバカだなって思ってても、その時間が自分達にとってかけがえのない時間だから。

死ぬ時に、あんなバカなことやって楽しい人生やったなぁって思えるように生きていきたい。

 

夜中までこんなものすごく恥ずかしい話をして、バカみたいに笑って、先輩にうるさいって怒られて、涙目になる僕を田中が笑ってて。

本当に、あの日が来てくれてよかったなって思います。

 

本当に大切なのは自分が面白いと思うことを全力でやることなんだって、そう思えたんですよね。

 

とにかくバカなことを沢山しました(笑)

 

f:id:shun_prog0929:20160104205604j:plain

 

そんな話をしてから、僕もちょっとずつ変わっていきましたね。

そりゃ、最初は恥ずかしくて全然でしたけどね。

失敗するたびに、田中に笑われてましたけどね(笑)

だけど、そうしてるうちに僕も結構明るくなったし、色んなやつとバカなことするようになりましたね。

 

僕は、そんな毎日がすごく楽しかったです。

色々なことに挑戦する勇気もつきました。

 

ブログに挑戦できたのもそのおかげかも。

 

だからこそ僕は言いたいんですよね。

他人にバカだなって思われてることが、とてつもない結果につながることがある。

なにかに挑戦してる時って、他人からしたらおかしく見えることもあります。

どんなにバカに見えても、それが自分のやりたいことならやらなきゃ絶対損ですよ。

やらなきゃつまんないですよ。

 

だから僕は今でもバカなことをしていますし、これからもしていきたい。

大人になってもこの気持ちを忘れたくない。

だって、こんなにも素敵な日々をくれたんだから。

僕は今でも、田中にすごく感謝をしています。

 

終わりに

僕にとって、田中との出会いが今まで生きてきた中で一番大きな転換点だったなと思います。

そして僕はやりたいことやって生きています。

バカなことも沢山やってます。

それが自分にとってプラスだって確信しています。

だからこそ毎日がすごく充実しているんです。

 

みなさんはどうでしょう。

自分のしたいこと、思いっきりやれてますか?

 

以上です。