読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜

学生ブロガー。大学院でプログラミングを専攻している。日本のプログラミング教育に疑念を抱く。

JavaScriptの基本をサルでもわかるようにまとめた【入門用】

JavaScript プログラミング

f:id:shun_prog0929:20160515180958p:plain

 

今回はJavaScriptの基本について話をします。

 

JavaScriptではWebページに様々な動きをつけることができ、これまでHTMLやCSSしか触ってこなかった人が、より多くのことをWeb上でできるようになります。この記事では、そんなJavaScriptの基本を簡単に入門できるようにまとめました。

 

一つ一つの要素は簡単だけど、少し量が多いというのが大変なところ。ですが、この記事だけで基本的な項目は一通り学ぶことができるようになっています。

 

 

JavaScriptとは

JavaScriptは、様々な環境で動作する軽量なプログラミング言語です。主にWebブラウザ上で使われており、Webページに動きをつけたり、計算をさせたり、様々なことができます。

 

プログラミング言語として、特徴的な性質がいくつかあるのですが、ここで説明してもわかりにくいので、キーワードだけ挙げておきます。すべて後述されておりますので、そこまでしばしお待ちを。

 

  • オブジェクト指向
  • 第一級関数
  • 動的型付け言語 

 

JavaScriptの使い方

さて、JavaScriptの実際の書き方を見ていく前に、どうやってJavaScriptのプログラムを動かしたらいいのか話しておきます。

 

HTML上で読み込む

まず、一般的なHTML上で動かす場合です。この場合2つの書き方があります。

 

1つ目はJavaScriptをそのままHTMLの中に書く方法です。以下のようにして書きます。

 

<script type="text/javascript">
// ここにコードを書く
</script>

 

この場合は、<script></script>で囲まれた部分にJavaScriptのコードを書いていきます。 

 

2つ目は外部ファイルとして読み込む方法です。以下のようにします。

 

<script type="text/javascript" src="JavaScriptのファイルパス"></script>

 

この場合は、HTMLとは別のファイルにJavaScriptを書いておき、それを読み込みます。

 

【練習用】ブラウザのコンソールを使う

手軽にJavaScriptを動かして、試してみたい時にはブラウザで用意されたコンソールに打ち込むのがいいですね。

 

例えば、Google Chrome の場合、以下のようなコンソールです。このように打ち込んでいけばJavaScriptを試すことができます。

 

f:id:shun_prog0929:20160516150623j:plain

 

【練習用】練習に使えるサイト

ブラウザのコンソールでなくても、JavaScriptを試すことができるサービスはいくつかあります。その中で、「CODEPEN」というサービスを僕はオススメしています。

 

codepen.io

 

これを使ってJavaScriptの練習をするといいです。今回の内容に関しても、このCodePenで練習するのが一番やりやすいかと思います。

 

アカウント登録をしなくても使えるので、まずは開いてみましょう。開くと以下のような画面になります。

 

f:id:shun_prog0929:20160516171513j:plain

 

ここの右上の「New Pen」をクリックするとエディタ画面が出てきますので、そこで練習をしましょう。HTML、CSS、JavaScript(JS)が書けます。

 

f:id:shun_prog0929:20160516172146j:plain

 

JavaScriptの基本的な書き方 

ここからは、実際のJavaScriptの記法を解説していきます。

 

JavaScriptのプログラムは「文」の集まりです。以下のような感じです。

 

var x = 3;
var y = 4;
var z = x + y;
console.log(z);

 

このコード自体の意味は、今はわからなくて大丈夫です。重要なのは文の終わりについているセミコロン(;)です。文の終わりには基本的にセミコロンをつけます。今後セミコロンが最後についているものが出てきても、「何だこれ?」ではなく「文の終わりなんだ」と理解してください。(セミコロンをつけなかった場合、自動的に挿入されますが、思わぬ動きをすることがあるので、きちんとつけましょう。)

 

ただし、ブロックが最後にくる文の終わりにはセミコロンをつけません。ブロックについては、次で説明します。

 

JavaScriptはこのように、「文」からできているのですが、この文の種類が膨大にあります*1。ですから、それをひたすら覚える作業です。ただ、そう身構えなくても使っている間に慣れてくるものが多いので大丈夫です。また、この記事では基本的な項目を網羅しているので、忘れたらその都度読み返せばいいです。

 

ブロック

ブロックというのは、0個以上の文をグループにするためのものです。以下のように書きます。

 

{
  var x = 3;
  var y = 4;
  var z = x + y;
  console.log(z);
}

 

これについても、今はコードの意味はわからなくていいです。中括弧で囲まれた部分がグループになっているということだけ覚えてください(オブジェクトとは違うので注意)。

 

先ほど説明した通り、ブロックの最後にはセミコロンをつけません。今後、ブロックが最後についた文が出てきますが、その時はセミコロンをつけないというように思ってください。

 

コメント

まず、実際の動作とは全く関係ない部分で、コメントについて説明します。コメントとは、その名の通り、コメントです。実際の動作とは全く関係ないメモのようなものだと思ってください。これを適切に使うことで、コードの読みやすさが上がります。また、他人や数週間後の自分が理解しやすくするため、という意味も大きいです。

 

書き方は以下の2通りあります。1行のみのコメントと、複数行書けるコメントがあるので使い分けるといいです。

 

// 1行のコメント

/*
 複数行の
 コメント
*/

 

出力

JavaScriptでは、様々な計算や複雑な動作などをさせることができますが、その結果が見えないとわかりにくいですよね。ですので、まずは数値とか文字を出力する方法を説明します。(数値や文字列などの違いはのちほど説明しますので、今は雰囲気で察してください←ごめんなさい)

 

ここでは、出力の仕方を3つご紹介します。それぞれ使う場面が違うので、きちんと覚えるようにしましょう。

 

コンソールに出力

コンソールに表示する方法です。これは、自分の手元で正しく動いているかを確認したりするために使うことが多いです。多くのブラウザで使うことができます。

 

書き方は以下のような感じです。

 

console.log("Hello World"); // 文字列をコンソールに出力

 

もちろん、数値でもできます(それ以外のものも出力できます)。

 

console.log(1); // 数値をコンソールに出力

 

この結果を、CodePenで見るときは以下のようにコンソールを出してください。

 

左下のコンソールボタンをクリックします。

 

f:id:shun_prog0929:20160516022836j:plain

 

するとこのようにコンソール画面が出てきます。

 

f:id:shun_prog0929:20160516022849j:plain

 

ここから先の、JavaScriptの書き方を勉強するときには、コンソールを使って結果を確認するといいです。

 

結果が見たいときには、console.log( )のカッコの中に見たいものを書くようにしましょう。 

 

ダイアログに出力

ダイアログに表示する方法です。下の画像のような感じです。多分一度はみたことあると思います。

  

f:id:shun_prog0929:20160516014803j:plain

 

このように表示させるには、alertというものを使います。以下のように書くと出てきます。もちろん、数値でもできます。(CodePenでやるとダイアログが結構激しく出てくるので、確認程度でOKです)

 

alert("Hello World!!"); // ダイアログに出力

 

HTMLとして出力

実際にHTMLとして出力するための書き方です。ここではinnerTextを使った書き方を解説します(document.writeじゃないの? と思った方。確かにできるのですが、現在非推奨ですのであしからず)。

 

実際にやってみた例としては以下のような感じ。このようにすると、<body></body>の中に「Hello World!!」という文字が入ります。

 

document.body.innerText = "Hello World!!"; // bodyに出力

  

変数宣言

変数は、扱いたい数値や文字列などのデータを格納し、名前をつけたものです。数学で使う変数と同じようなものだと思っていただいて大丈夫です。

 

変数の宣言の仕方は以下のようになります。

 

var value = 1; // 変数valueを宣言し、数値1を代入

 

変数宣言はvarを先頭につけ、その後変数の名前を書き、値を代入します。ここでは数値を代入していますが、他のものでも構いません。

 

また、一度宣言した変数には、後から違う値を代入することができます

 

var value = 1;
value = 2; // 再代入

  

ここで注意ですが、varで宣言していない変数への代入も行うことはできてしまうということです。ただし、varで宣言しなかった場合は少し面倒な挙動をしますので、推奨はされていません。できる限りちゃんとvarで宣言した方がいいよ、ということです。

 

数値

ここでは、数値と、それを用いた演算についての説明をします。

 

数値にも色々ある

数値の書き方は色々あります。

 

15; // 10進数の整数(ただし、実数として処理される)
15.5; // 実数
0x000f; // 16進数
0017; // 8進数
0b1111; // 2進数

 

ですが、基本的に10進数を使うことが多いので、特に意識しなくてもいいように思います。注意点としては、JavaScriptには整数という概念がなく、全て実数として処理されるということです。その点だけ注意しましょう。

 

算術演算

数値を使った演算です。足し算とか引き算とかですね。以下のように書きます。

 

1 + 2; // => 3
3 - 1; // => 2
2 * 3; // => 6
3 / 2; // => 1.5 (JavaScriptでは全て実数)
3 % 2; // => 1 (余り)

 

ビット演算

ビット演算の書き方です。ビット単位での論理演算やシフト演算を行います。

 

7 & 2; // => 2 (AND)
5 | 2; // => 7 (OR)
7 ^ 2; // => -6 (XOR)
~105; // => -106 (NOT)
16 << 1; // => 32 (左シフト)
15 >> 1; // => 7 (右シフト)

 

代入演算

代入演算は、ただ単に変数に値を入れるだけでなく、他の演算と組み合わせた書き方ができます。 以下のように書きます。

 

var a = 0;
a = 1; // => 1
a += 1; // => 2 (a = a + 1;)
a -= 1; // => 1 (a = a - 1;)
a *= 6; // => 6 (a = a * 6;)
a /= 2; // => 3 (a = a / 2;)
a %= 2; // => 1 (a = a % 2;)

a = 5;
a &= 3; // => 1 (a = a & 3;)
a |= 3; // => 3 (a = a | 3;)
a ^= 2; // => 1 (a = a ^ 2;)
a <<= 1; // => 2 (a = a << 1;)
a >>= 1; // => 1 (a = a >> 1;)

 

例えば、a += 1;はa = a + 1;という意味になります。他の演算も同様です。

 

インクリメント・デクリメント

変数の値を1増やす、もしくは減らすための書き方です。

 

var a = 1;
++a; // => 2 (aの値も2)
a++; // => 2 (aの値は3)
--a; // => 2 (aの値も2)
a--; // => 2 (aの値は1)

 

このとき、変数の前に演算子をつけると、式の返す値が評価後の値になります。逆に変数の後につけると、式の返す値が評価前の値になります。

例えば、++aなら、a = a + 1 を評価し、式の返す値は a+1 になります。しかし、a++ では、a = a + 1 を評価しますが、式の返す値は a になるんです。

ややこしいかもしれませんが、そのように動きます。

 

文字列

ここでは、文字列と、文字列の操作について説明します。

 

文字列の書き方と特殊な文字

文字列は、ダブルクオーテーション(")かクオーテーションで囲みます。

 

"shun";
'shun';

 

また、改行などの特殊な文字を表す時には、バックスラッシュ(\)を先頭につけた特殊文字を使います。

 

"\n"; // 改行文字

 

ここで、いくつかよく使う特殊文字をピックアップしておきます。

 

"\n"; // 改行文字
"\t"; // タブ
"\""; // ダブルクオーテーション
'\'' // シングルクオーテーション
"\\" // バックスラッシュ

 

文字列の長さ 

文字列の長さを取得するには、文字列の後に「.length」をつけます。

 

'shun'.length; // => 4

  

文字列の結合

JavaScriptでは複数の文字列を、結合することができます。

 

"sh" + "un"; // => "shun"

 

文字列の分割

結合だけでなく、分割も行うことができます。ただし、区切り文字が必要です。文字列の後に「.split()」と書き、括弧の中に区切り文字の文字列を書きます。すると、その区切り文字で文字列が分割されるのです。

 

"a,b,c".split(","); // => ["a", "b", "c"]

 

このとき、分割された結果は配列というものになるのですが、これについては配列の節で説明します。

 

真偽値

真偽値は、正しいか、間違っているかの true/false を表すものです。

 

true;
false;

 

この真偽値は、比較演算の結果として使われます。

 

比較演算

比較演算は、2つの値の関係を比較し、正しければ true を、間違っていれば false を返します

 

var a = 1;
var b = 2;
a == b; // => false (a と b は等しい)
a === b; // => false (a と b は厳密に等しい)
a != b; // => true (a と b は等しくない)
a !== b; // => true (aとb は厳密に等しくない)
a > b; // => false (a は b より大きい)
a >= b; // => false (a は b より大きいまたは等しい)
a < b; // => true (a は b より小さい)
a <= b; // => true (a は b より小さいまたは等しい)

 

ここで言う「厳密に」というのは、型を変えずに比較するという意味ですが、詳しくはJavaScriptの型の章で説明します。

 

データ構造

ここまでで、数値や文字列、真偽値を使えるようになりましたが、それらを組み合わせたり、複数個の数値を一緒に持っていたかったり、といった使い方をしたくなります。そのために、JavaScriptでは便利なデータ構造が用意されています。

 

配列

配列は、いくつかの値を一緒にまとめておくための構造です。以下のように書きます。

 

var a = [8, 17, 13];

 

このようにしたときに、配列は下の図のような状態になっています。数値が、このようなコンテナに格納されているイメージです。 

f:id:shun_prog0929:20160518025015p:plain

この状態で、0番目に入っている数値を取り出そうとすると、次のようになります。

 

var a = [8, 17, 13];
a[0]; // => 8 (0番目の数値)

 

また、配列は数値だけでなく、文字列や真偽値など、他のものでも格納できます。

 

さらに、0番目の格納されている数値を変更してしまうこともできます。

 

var a = [8, 17, 13];
a[0] = 3; // このときの配列aは [3, 17, 13]

 

オブジェクト

配列では、番号でアクセスしましたが、今度は名前でアクセスできるオブジェクトです。

 

そもそも、オブジェクトというのが何かですが、その名の通り「もの」です。例えば、本であれば、タイトル、ページ数、著者など、様々な情報を持っていると思います。それの情報が組み合わさって、本というひとつの「もの」ができているわけです。ここでも同じように、それらの情報をプロパティとしてオブジェクトに登録しておくことで、現実世界と同様に扱えます。

 

実際に書くと以下のような感じになります。

 

var textbook = { title: "shunとサル", page: 1, author:"shun" }; // 1行でも書けるし、
textbook = { //複数行でも書ける
             title: "shunとサル", 
             page: 1,
             author:"shun"
           };

 

これは、先ほどの配列とは違って、順番にとらわれない構造となり、名前で情報を取り出すことができる構造です。

f:id:shun_prog0929:20160518113147p:plain

ここから、実際に情報を取り出すときは次のように書きます。

 

var textbook = { title: "shunとサル", page: 1, author:"shun" };
textbook.title; // => "shunとサル" (.の先に要素の名前を書く)
textbook["page"]; // => 1 ([]の中に文字列で要素の名前を書く)

 

要素の変更・追加もできます。

 

var textbook = { title: "shunとサル", page: 1, author:"shun" };
textbook.title = "shunとサルは仲良し" // 要素の変更
textbook.price = 10; // 要素の追加

 

条件文

JavaScriptのプログラムは、基本的に上から順番にすべて実行していきます。しかし、条件によって実行のフローを変えたいことがでてきますよね。そのための条件文です。

 

if文・if-else文

if文は、条件式(比較演算などの true/false を返すもの)の結果に応じて実行のフローを変えます。このように言うと話が難しく聞こえますが、例えば僕たちも、授業に行ったときに学生なら授業を聞く、先生なら授業で教える、といったように条件によって行動が変わります。それと同じです。

 

if文は以下のように書きます。

 

var a = 1;
var b = 2;
if(a < b) { // a < b なら中身を実行
  a = b;
}

 

このときの実行フローは、次のような形になります。 

 

f:id:shun_prog0929:20160518124738p:plain

 

このように、条件によって実行フローを変えるのです。

 

では、条件に合わなかった場合の書き方も覚えておきましょう。以下のように書きます。

 

var a = 1;
var b = 2;
if(a < b) { // a < b なら中身を実行
  a = b;
} else { // a < b ではないなら中身を実行
  a -= b;
}

 

このように書くことで、条件に合わなかった場合のフローが追加されます。

 

f:id:shun_prog0929:20160518171526p:plain

 

また、さらに条件に合わなかったとき用に、新しく条件を付け足したいときには、以下のようにします。 

 

var a = 1;
var b = 2;
if(a < b) { // a < b なら中身を実行
  a = b;
} else if(a == b) { // a < b でないかつ a == b であるとき中身を実行
  a *= b;
} else { // a < b でないかつ、 a == b でないとき中身を実行
  a -= b;
}

 

こうしたときには、さらにフローが細かく分かれます。

 

f:id:shun_prog0929:20160518171048p:plain

 

switch-case文 

条件文には、もう1つswitch-case文というものがあります。switch-caseは、より多くの場合分けをするときに便利です。

 

if文のときには、分岐をすべて辿りながら進んでいましたが、このswitch-case文では、直接それぞれの場合に飛ぶことができます。それによって、それぞれの場合毎に実行される内容が変えるわけです。

 

f:id:shun_prog0929:20160518201154p:plain

 

実際にコードにすると以下のようになります。

 

var a = 2;
switch(a) { // aの値が
  case 0: // 0であるとき実行
    a++;
    break;
  case 1: // 1であるとき実行
    a--;
    break;
  case 2: // 2であるとき実行
    a *= 2;
    break;
  default: // どれにも当てはまらなければ実行
    a = 0;
    break;
}

 

このとき注意してほしいのは、breakをきちんとつけるということです。breakはそれぞれのcaseの終わりにつけます。そうすると、そのcaseが終わったときにswitchの中括弧の外まで飛んでくれます。もしcaseがなかったら次のcaseまで実行してしまうので注意です。

 

繰り返し文

繰り返し文は、ある処理を繰り返し行いたいときに使うものです。例えば、1から10までの数値を全て足した値を求めたいなどは、繰り返しが使えますね。ここでは、この繰り返し文の中で基本的な性質を持つfor文とwhile文について説明します。

 

for文

for文では指定した範囲で繰り返しを行うことができます。書き方は次のような感じです。

 

var sum = 0;
for(var i = 0; i < 10; i++) { // iが0から9までの間の繰り返し(毎囘最後に i++ を実行)
  sum += i;
}

 

このときは、iが0から10未満の範囲での繰り返しになっています。それぞれ以下のような意味です。

 

最初の var i = 0 は最初のみ実行される条件の初期化

真ん中の i < 10 は繰り返しを終える条件

最後にあるi++は毎回最後に実行される式

 

さらに、JavaScriptのfor文には色々な書き方があり、少々挙動も複雑です。以下の記事では、それらをまとめていますので、ぜひ確認するようにしてください。

 

 

while文

while文は、条件を満たしている間だけ繰り返すための構文です。次のように書きます。

 

var i = 5;
var sum = 0;
while(i > 0) { // i > 0 の間繰り返す
  sum += i;
  i--;
}

 

whileの後の括弧の中にある条件が、trueである間繰り返し続けます。

 

関数

関数は、ある値が入力されたときに、何かしらの処理をして値を返すための命令の集まりです

 

f:id:shun_prog0929:20160519122345p:plain

 

今まで紹介してきたようなものを組み合わせてプログラムを書くときに、よく使うコードはひとまとめにして使いまわせるようにしよう、というような目的で使います。

 

例えば、0からnまでの数を足した結果を出力する、といったことも毎回計算するのは面倒なので、関数にしておきたいと思ったとします。そのときには、以下のよう関数を定義します。

 

function sum(n) {
  var sum = 0;
  for(var i = 0; i <= n; i++) {
    sum += i;
  }
  return sum; // 関数が返す値
}

sum(3); => 6

 

functionが関数を宣言するときのキーワードになっており、その次の sum というのが、この関数の関数名です。関数名は、この関数を後で使う時の名前として使います(最後の行で関数を使っている)。括弧の中身は引数といって、入力に当たるものです。そして処理をした結果、何を出力するのかというと、return の中に書かれた値です。この関数が出力する値を返り値と言います。

 

実際に、最後の行では sum という関数に対して、3を入力して使っています。その結果、0から3までの値が足されて6が出力されるわけです。

 

このようにして、複雑な処理などをあらかじめ関数として用意しておくことで、プログラムを書く量も減り、見やすく便利になります。

 

JavaScriptの型(動的型付け)

型とは

さて、JavaScriptの特徴的な性質である、動的型付けについて説明したいのですが、その前にまず型とは何かということをざっくりと説明しますね。

 

ここまで、数値や文字列といったデータを特に意識せずに使ってきました。では、それぞれの種類はどのように分類されているのか。その分類が「型」というものです。数値ならば、数値型が付けられ、文字列なら文字列型が付けられるようになっています。

 

このようにすることで、プログラムを正常に動作させることができます。

 

動的型付け

動的型付けでは、型をプログラムを実行しながら決めていきます。ざっくりと言ってしまえば、僕たちがプログラムに型を書かなくていいということです*2

 

また、JavaScript では、同じ変数でも実行している間に型が変わっていきます。これについて、型を取得できる「typeof」という機能が JavaScript にはあるので、これを使って見ていきましょう。

 

var a = 1;
typeof a; // => "number" (数値型)
a = "name";
typeof a; // => "string" (文字列型)
a = true;
typeof a; // => "boolean" (ブーリアン型)

 

まず、最初の「var a = 1;」のときには、数値を代入しています。これが実行された後には、aは数値型になっています。そして、その次の「a = "name";」では、正しく"name"という文字列が代入されます。この後でaの型は文字列型に変わっています。

 

このように、JavaScriptでは、実行している間に型の評価が変わっていくわけです。そのため、その時点でどの型になっているかには注意する必要があります。

 

演算やその結果の型に注意

JavaScriptの演算には、型を変更してしまうようなものがあります。例えば、以下のようなものです。

 

var a = 1;
typeof a; // => "number" (数値型)
a = a + "a"; // => "1a"
typeof a; // => "string" (文字列型)

 

JavaScriptでは、数値と文字列を足すことができてしまいます。ここでは、数値が文字列に変換されて、その上で結合されます。このような動きには注意したいですね。

 

また、比較演算について、型の説明をしますね。比較演算には、「厳密な比較」と「厳密でない比較」があるという話をしました。それは、型について厳密かどうか、という意味なのです。以下のコードを見ていきましょう。

 

12 == 12; // => true
12 === 12; // => true
12 == "12"; // => true (!?)
12 === "12"; // => false

 

まず、最初の2つは問題ないと思います。同じ数値同士の比較ですので、trueが返って当然です。

 

ですが、3つ目はどうでしょう。数値と文字列を比較しているのに、trueが返っています。これが、型に対して厳密でない演算なのです。型について厳密でない演算では、文字列であっても数値に変換して比較を行ってしまうんです。 

 

一方で、4つ目の型について厳密な演算では、型の変換は起こらずに比較をしますので、falseという結果が返っていますね。基本は厳密な比較の方が安全ですので、こちらを使うことが多いです。

 

第一級関数 

JavaScript は第一級関数という性質を持っています。これは、次のような性質を持つということです。

 

  • 他の値と同様に名前無しで扱える
  • 変数に代入できる
  • 配列に格納できる
  • オブジェクトのプロパティにできる
  • 関数の引数にできる
  • 関数の返り値にできる
  • プロパティが持てる

 

それぞれどのように使うか見ていきましょう。

 

他の値と同様に名前無しで扱える

JavaScriptの関数は、他の数値や文字列と同じように扱うことができます(一種のオブジェクト)。つまり名前がなくても関数を作れるということです。

 

例えば、このようにして書けます。

 

// 関数を変数に代入
var inc = function (x) { 
  return x + 1;
};

inc(3); // => 4

 

これは、変数に代入した例です。もちろん、変数に代入せずにそのまま使うこともできます。

 

(function(x) { return x + 1; })(1); // => 2

  

これ以外にも配列に格納したり、オブジェクトのプロパティにしたりできます。

 

配列に格納するときは、以下のように書きます。

 

// 配列に格納
var funcList = [
  function() { return 1; },
  function() { return 2; },
  function() { return 3; }
];

funcList[1](); // => 2

 

オブジェクトのプロパティにするときは、以下のように書きます。 

 

// オブジェクトのプロパティに設定
var obj = {
  func: function() { return 1; }
};

obj.func(); // => 1

 

関数の引数・返り値にできる

関数は、他の関数の引数や返り値にも使えます。数値などと同じ扱いですからね。

 

まず、引数に使うときは次のような感じに書けます。

 

// 関数を引数として使う
function func(callback) {
  return callback();
}

func(function (){ return 1; }); // => 1

 

ちょっとわかりにくいですが、funcという関数の引数として、名前の無い関数を使っています。

 

次は関数を、他の関数の返り値として使うときの書き方です。

 

// 関数を返り値として使う
function func() {
  return function() { return 1; };
}

func()(); // => 1

 

funcという関数の返り値として、関数が返ってくるのでそれを実行しています。 

 

プロパティが持てる

関数はオブジェクトとして扱うことができますので、プロパティを持たせることができます。

 

次のような感じです。

 

// 関数にプロパティを持たせる
var func = function() { return 1; };
func.retType = "number";

 

JavaScriptにおけるオブジェクト指向

さて、これが最後の章となります。オブジェクト指向についてです。ここでは、基本的なオブジェクト指向の概念と、JavaScriptでどのようにオブジェクト指向プログラミングを行うのか、ということの導入部分について説明します

 

オブジェクト指向とは

オブジェクト指向とは、現実世界で起こることを抽象化して、プログラムに落とし込むための技法です。

 

どんなことかざっくりとした説明をしますね。

 

f:id:shun_prog0929:20160519162519p:plain

 

例えば、幼稚園児も、高校生も、ヒーローも同じ「人」です。ですから、「人」という集まりの一部分とみなすことができます

 

唐突にはなりますが、人は「走る」という行動を行うことができますよね。そこで、彼らに走るという行動をさせてみましょう。

 

f:id:shun_prog0929:20160519162559p:plain

 

このようにすると同じ走るでも、その能力が違いますよね

 

ここで話したようなことを、うまく抽象化してモデルに落とし込み、プログラムするのがオブジェクト指向です。

 

プロトタイプベースのオブジェクト指向

 さて、ここまで説明をしてきた内容を実際に

 

まず、書き方です。

 

var Human = function(speed) { // オブジェクトの設計
  this.pos = 0; // 位置
  this.speed = speed; // 走る速度
};
Human.prototype.run = function() { this.pos += this.speed; return this.pos; }; // 走るという機能の定義

var kindergartener = new Human(1); // 幼稚園児オブジェクトを作る
var highSchoolStudent = new Human(10); // 高校生オブジェクトを作る
var hero = new Human(100); // ヒーローオブジェクトを作る

kindergartener.run(); // => 1
highSchoolStudent.run(); // => 10
hero.run(); // => 100

 

このような感じです。まず、オブジェクトの設計のところでは、無名関数のような書き方をします。ここでいうthisは、この設計から実際にオブジェクトを作ったときの、自分自身にあたるものです。

 

このとき、runという関数をHumanというオブジェクトに付けておきます*3。ここで、prototypeというのは共通の機能(値)を定義するためのものです。runは、走る能力に関わらず、行う内容は共通しているので、prototypeとして定義します。

 

これで設計ができたので、次は実際にオブジェクトを作る部分の書き方です。 new というキーワードを最初に付けた関数呼び出しが、オブジェクトを作る部分になります。これで、それぞれのオブジェクトを作ります。

 

そして、実際に共通のrunという機能を使うと、得られる結果がそれぞれによって違うというわけです。

 

JavaScriptにおける、基本的なオブジェクト指向の使い方はこのような感じです。(実際にはprototypeチェーンなどの大切な概念があるのですが、結構複雑で説明が長くなるのと、実際の開発でしようされることが少ないので、またの機会に解説しようと思います。*4

 

JavaScriptを勉強する上での注意!

ここから先では、JavaScriptの使い方や基本的な書き方、特徴的な概念について説明していきます。しかし、その中で分かりにくいものも出てくるかもしれません。ですが、その一つ一つで悩んでいては、身につけるのに時間がかかってしまいます。

 

ですから、もしわからないことがあれば、誰かに聞くようにしてください。聞く相手がいない時は、プログラミングのQ&Aサイトを使うのがいいです。特に以下の記事で紹介しているサイトでは、現場で開発をしているプログラマーに直接聞くこともできます。ぜひ利用してみてください。

 

 

まとめ

今回は、JavaScriptの基本について簡単にまとめてみました。少しややこしい部分もありますが、落ち着いて考えれば、どれもさほど難しいことは言っていません。ただ、少し量は多いので、練習はしなくてはなりませんね。

 

JavaScriptには、ここで紹介した他にも少し複雑な部分が残っています。それについては、また次の機会に取り上げてたいと思います。 

 

*1:式やリテラルなども最終的に文の一種となります。

*2:型を明示的に書かなくても、型推論による静的型付けができる言語もある。ただ、どちらにせよ型を意識してプログラムしなくてはならない。

*3:インスタンスのメソッドとしてもいいのですが、prototypeのよくある使われ方としてこのような書き方があるので、ここではそのようにしました。

*4:Gregor Richards, Sylvain Lebresne, Brian Burg, Jan Vitek (2016) An Analysis of the Dynamic Behavior of JavaScript Programs