読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜

学生ブロガー。大学院でプログラミングを専攻している。日本のプログラミング教育に疑念を抱く。

初心者ブロガーにとってのinputとoutputの重要性について

雑記

f:id:shun_prog0929:20151223233033j:plain

 

どうも、初心者ブロガーのshunです。

最近ブログについて考えまくっております。

どうやったらよくなるのか。

よくなるのにも文章的なよさ、デザイン的なよさ、集客的なよさ。

色々ありますもんね。

 

その中で、僕は文章についてものすごく考えているのですよ。

はい。

 

面白い文章を書くためにはどうしたらよいか?

初心者ブロガーである僕が、inputとoutputの側面から考えてみました。

 

inputの重要性

人によるかもしれませんが、面白い記事を書くためにinputを重視されている方は多いかと思います。

本を読む、ニュースを見る、なにかしらの体験をしてくる、など色々な形で自分の中に新たな情報を入力しているわけです。

 

このinputが全くない状態から、何かを生み出すのはとてつもなく難しいと僕も思います。

だからこそ、みんなinputを重視しているのでしょう。

 

僕たちブロガーは、「何を伝えるのか」にもこだわっていくべきなのかなと思います。

何を伝えるのかは、そのまま何をinputするのか、ということになるわけです。

 

outputの重要性

outputはその人の個性が一番出やすい部分だと思います。

しかし、初心者ブロガーである僕たちは、その個性をよくわかっていないと思う。

ただ人と違うことを求めるのが個性ではないし、かといってあまりにも平坦な文章をかいているのはつまらない。

 

だからこそ、何かしらのoutputをすることで、自分の個性を見つけることが重要なんだと思う。

outputの形には、ブログの記事を書くこともそうだし、誰かと話をすること、最近すごくはやっているツイキャスなどもいいかもしれない。

ツイキャスなどはoutputした結果がすぐに返ってくるので、非常に鍛えられる。

 

初心者ブロガーは、とにかくoutputを増やして、自分のスタイルを見つけるのがいいのかもしれない。

キャラクターといってもいい。

特に僕のような、まだ世の中のことをわかっていない学生ブロガーならなおさらだろう。

重要なのは、作るのではなく、見つけること

個性って結局自分の中にあるものだから、outputでそれを無理やり作り変えるのはちょっと違うと思う。

 

inputとoutput

inputとoutput。

互いに性質の違う2つであるが、僕たち初心者ブロガーはどこに重点をおくべきなのか。

 

僕は結局「個性を見つける」ことに尽きると思う。

そのためにはoutputはもちろん重要だし、僕たちはそこを一番重視すべきだと思う。

 

では、inputはどうか。

inputはその性質上、個性とはあまり関わらないように思えるが、何をinputするのか、何を伝えたいと思うか、という時点で一つの個性なのである。

inputによって僕たちは、一つ新たな経験が自分の中に入り込み、それが自分を形成するものの一部となる。

outputが自分を出すことによって個性を見つけられるのに対して、inputが個性を作ることに直結する。

 

まあ、outputした結果がフィードバックされてinputともなるのだが、あまり考えすぎず、シンプルにまとめるのがいいだろう。

 

inputによって個性を作り、outputによって個性を見つける。

 

僕たちはこうして自分の、自分だけの文章を書いていくんだ。

 

まとめ

自分の考えていたことをoutputしてみたわけですが・・・

これ結構恥ずいですね(照)

 

以上!