読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜

学生ブロガー。大学院でプログラミングを専攻している。日本のプログラミング教育に疑念を抱く。

「いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜」は1周年を迎えました

ブログ

f:id:shun_prog0929:20161201131320j:plain

 

どうも!

shunです!

 

みなさん、ついに、ついに、ついに・・・

 

当ブログが1周年を迎えました!!

 

やったあああああああああああああああああああ!!!!

嬉しい!

嬉しすぎますよ!!

 

というわけで、1周年の節目にこれまでのブログ運営を振り返ってみようかなと思います。

 

1年の振り返り

2015年12月1日にブログ開始

今思うと結構懐かしい気持ちになるのですが、昨年の12月1日に当ブログははじまりました。

一番最初に書いた記事がこちらです↓

 

 

いや恥ずかしいよこれ。

まじで恥ずかしいんだけど。

なんだよ「圧倒的歓喜」って。

なんなんだよ、この時の僕。

テンションがおかしいと思うんだ。

 

と読み返すと色々思うところはありますが、ここが全ての始まりなのです。

 

初めてのバズ

ちょうど1ヶ月ブログを続けて1月1日元日。

なんか急にバズった!!!!

なんか今年はいい年になりそうって感じましたね。

その時の記事がこちらです↓

 

 

1ヶ月間のんびりまったりとした感じのブログでしたが、ここから順調に成長していきました。

なんとなく、この時から方向性が見えてきたのかなと思っています。

そのことについて少しお話します。

 

このブログの方向性が決まってきた

もともとは、自分の意見が言えたら満足って感じだったんです。

けど、誰かに役立つといいなって書いた記事がバズって、そこからちょっと方向性が変わりました。

 

誰かが読んで役立つ記事をたくさん書こう。 

 

当ブログは、このような気持ちで記事を出すことにしています。

カスタマイズの記事とかは、特にそんな気持ちが強いです。

役立ったとか、ありがとうとか言われると嬉しくなりますもんね。

 

もちろん、ただ自分が楽しかったことを思いっきり書くような記事もたくさんあります。

けど、そんな記事だって、読んだ人が一緒に楽しい気持ちになってくれたら最高だよなって思うし、僕にとってはそういう意味で大切な記事です。

 

初バズから7ヶ月あたりまでひたすら記事を書く日々

そういった思いで、半年間はひたすら記事を書き続けました。

そんな中で、やはり自分にしか書けないという記事は、役立ててもらえているなと思います。

例えば、HTMLやCSS、JavaScriptの解説記事などは、専門記事としてよく読まれました。

 

  

 

また、自分にしかできない経験というのも、よく読まれます。

例えば、僕の場合は高専の経験を元にして書いた記事が、よく読まれました。

 

 

自分にしか書けない、けれど誰かの役に立つ記事というのを目標にすると、書きがいもあるし、読む人にも楽しんでもらえるかなと思います。

 

ここ最近はゆっくり更新

ここのところは、プライベートが忙しく、とてもゆったりとした更新になっています。

 

書きたいという気持ちはすごくあるんだけど、焦りは禁物ですね。

長く続けたいですから。

 

なので、「書かなきゃ!」とか思って焦らないよう、今はゆっくり更新しています。

ブログを書くのは楽しいので、更新するのが辛くなるのはおかしいかなって。

自分が楽しく書けることを、楽しく書く。

それで誰かの役に立ったら、最高!

 

そんな気持ちでやっています。

 

1年ブログを続けて思ったこと

名前も知らない”誰か”が僕の文章を読んでいるって凄い

当ブログは、だいたい月間20万PVほど読まれています。

開設当初は、本当に少しの人にしか読まれない小さなブログでした。

それが今では、多くの人に読まれていて、正直ちょっとビビってます(笑)

 

けど、名前も知らない”誰か”が僕の文章を読んでいるって、本当に凄いことだし、夢があるなって感じるんです。

普通にしていたら、絶対に関係がなかったはずの”誰か”。

そんな ”誰か”と”僕”がこのブログを通して繋がっていく。

 

少し大げさかもしれないけど、この小さな出会いが、お互いの人生を変えているかもしれない。

そんな素敵なことが、今この瞬間にも起こっているかと思うと、ワクワクしてしまいます。

ブログって凄い。

 

自分にとっての当たり前が、相手にとっての当たり前じゃない

自分の当たり前が、相手の当たり前じゃないってことを、ブログを通じて再認識させられたように思います。

 

自分が当たり前だと思っていても、相手には新発見のことかもしれない。

だからこそ、自分が当たり前だと思っていることも、ちゃんと記事にすれば読んでもらえたりする。

逆に、 当たり前だと思って書かないでおくと、相手にうまく伝わらなかったり。

 

この辺りのさじ加減は、とても難しいことだと再認識している次第です。

まだまだ勉強ですね。

 

やっぱり読んでもらえるのは嬉しい

自分でいい記事を出して、全然読まれなくても、

 

「べ、別に読まれなくたって、いい記事だし!!つらくなんかないし!」

 

って感じなんです(強がり)

けど読まれると超嬉しいし、読まれるような記事を書きたいなって思っちゃいますね。

 

読んでもらえる記事を書くのはめちゃ大変

読まれると嬉しいので、できるだけ読んでもらえる記事を書こうと思うんです。

けど、これって結構大変で、普通に書いてるだけじゃやっぱりあまり読まれないんですね。

読者に何かしら価値のあることを書かないと読まれない、というのが実感です。

 

これ自体は、当ブログの方針でもあるので、ずっと意識していきたいと思っています。

書きたいように書くのは楽しいけど、読んでもらいたいなら読者の気持ちになって考えて書く。

そんな感じです!

 

1129人の読者の方々に感謝

2016年12月1日現在、当ブログの読者登録数は1129人です。

本当にありがとうございます!!

これだけの方々に読まれていると思うだけで、いい記事を書こうと頑張れます。

 

今後とも、マイペースではありますが、ゆるゆる記事を書いていきたいと思います。

 

まとめ

本日「いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜」が1周年を迎えました!!

この先、2周年、3周年と、ずっと続けていけるようなブログにしていきたいと思います!!

今後ともよろしくお願いします。